DAC ロゴ

DAC HOMEへ

製品技術

●プレス金具の精度にも限界があり、特に肉厚となると更に難しく、インサート成形の許容交差とのギャップが最大の難問。それを補う為には、プレス品、金型、成形の3社の密なる連携は不可欠で、そうゆう厳しい状況の中10年以上も生産し続けてきた苦心の逸品です。
(シートベルト部品)

●耐久性と成形性の効率化を重視した金型づくりをしており、メンテナンス部品における互換性の良さもあり、1100型の製造実績を持っております。気密性を保持する事において金型精度は不可欠です。
(ガスライター)

プラスチック金型(量産・試作)・インサート金型の設計製作を行っています。
その金型と共に成形品の一部を紹介させて頂きます。

●インサート金型でコネクターを保持する逸品です。また、取付面での面補正を金型の細分化で可能にしています。
(ABS装置)

●8方スライドと3方スライドの2段組み合わせをコンパクトにまとめた型構造で、製品は計測装置の高精度化を実現しています。
(流量計測用ケース)

●高温対応の型構造で、製品はPL面のバリ高さ0.03maxをクリアし、高いシール性を実現しています。
(自動車ブレーキシステム用ピストン)

●網と枠が一体の量産性に優れた強靭なフィルターで、天面(20メッシュ)と側面に網目を形成しています。メッシュ部は、その強度及び開口面積の確保・維持の為、特に樹脂圧対策、流動性・ベント効果の向上を考慮し、バリが少ない事で性能・安全性の対応をしています。
(フィルター)

●光軸等、スライドを駆使した金型であり、
精度の許容の厳しい製品です。極少コアの
集合体で研磨精度と微細放電、それと組立技術を要します。
(DVDピックアップベース)